株式併合で株数が減る…?心配だから調べてみた オンキヨー[6628]

みっくす / 株好きフリーランス

お疲れ様です。みっくすです。

2020年5月15日、企業の決算報告シーズンのなかで気になるニュースが飛び込んできました。コロナ渦で売り上げ減少報告や倒産報告があるなかで、オンキヨー[6628]は「株式併合(かぶしきへいごう)」という道を選んで進んでいこうとしています。

株式併合とは?

株式併合とは、既に発行されている株式数を減らすために、複数の株式を1株に統合することを指します。

理論上資産価値には影響はありません。株数が減っても会社の価値は変わらないので、基本的には、併合比率により1株当たりの価格が修正されます。

例えば、2:1の株式併合(2株を1株に併合)をした場合、発行済株式数は半分になり、理論上株価は2倍になります。

株式併合は、場合によっては、端株主や売買単位未満株の株主を増やすことになるなど、株主の権利を侵す可能性があるため、株主総会の特別決議が必要となっています。

SMBC日興証券 https://www.smbcnikko.co.jp/terms/japan/ka/J0716.html

言葉のとおり、複数の株式を1株にまとめることなんですね。いわゆる「株式分割」の反意語にあたる言葉ですね♪

株式併合の理由とメリット

今回、オンキョーのIRを読み解くと、株式併合をする理由は、
(1) 発行済株式総数の適正化及び株価状況の改善
(2) 当社グループの投資環境の整備
(3) 株式管理コストの削減(←投資家が多いとコストがかかる…)

だと書かれています。

また、月末の終値又は月間終値平均が 10 円未満の場合、3ヶ月以内に月末終値及び月間終値平均が 10 円以上とならなかった場合には、上場廃止となることがルールとして決められているとのことでした。

数字上では5株が1株になったからといって損をすることはありません。…が、投資家たちの思惑はいいほうにも、悪い方にも動くようです。この株式併合が「業績悪化によるコスト削減」がポイントとなっていれば、悪材料として株価に影響が生じる可能性があるのは理解できます。

ではオンキョー[6628]どんな感じかというと…?

5/10あたりからジワッジワと動きがあって、買われているんですね。(チャートの株の縦棒グラフが出来高)。IR開示の前にこのように動きがあったので、少しずつ情報が漏れていたのかな。そしてIR開示後、5月15日の夜間取引でも出来高が急増。

株式併合でどのような動きになるのかは誰にもわかりませんが、株価上昇なのか、それとも下落か。今後の株価の動きがどうなるか注意深く見守っていきます。

実は、私も数株保有しています。100株買っても1700円。1円上がると1800円になるんです。お菓子買えるくらいのお小遣いになるから好きな銘柄で~す(笑)。

では今日は株式併合のご紹介でした。
投資はコツコツ・たんたんと。がんばっていきましょう!

※投資は自己判断でお願いします。

それではトレードはコツコツ・たんたんと! 明日も、Enjoy Trading!


 

 

 

「株式併合で株数が減る…?心配だから調べてみた オンキヨー[6628]」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です